私は清貧でありたい?

 米ウエストヴァージニア州の市議会は、市長の昇給について、最大の反対者と対決しているところだ。

ハンティントン市のデヴィッド・フェリントン市長は、彼の年収を2万8000ドル (300万円) から9万ドル (960万円) 上げるという提案を拒否する意向をあきらかにした。彼の現在の年収はおよそ6万2000ドル(およそ660万円) だ。

市長は、この昇給は公務員たちに誤った印象を与え、人口およそ4万9000人のハンティトンには他の優先事項があると述べた。

しかし、市議会の議員たちは、2012年に予定されている次回の市長選に有力な候補者を集めるのに昇給が必要だと主張している。 市議会は9日の夜、この提案についての投票を行う。

ハンティントンの市長職には、1996年以来昇給がない。

フェリントン市長の拒否を無効にするには、8名の市議会員が市長への反対に票を投じる必要がある。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081213103680.html

私は清貧でありたいという現市長と、次回の市長選を睨んでいる市議会議員の対決。どちらの言い分もまっとうな気がする分、投票の行方が気になりますな。遠い異国の話ではなくて、自分が暮らしている自治体に置き換えてみると、どうでしょう。


仮に昇級は了承しても、三倍以上もアップするという昇級内容に問題アリとは考えないのでしょうかねぇ。

ジョークかい!

 米大統領選の共和党候補ジョン・マケイン上院議員(71)が9日、副大統領候補の人選にはインターネット検索大手の米グーグルを活用していると冗談で語った。

 マケイン氏は、人選の進み具合はどうかとの質問に「基本はグーグルだ。今どきインターネットで調べられるものといったら驚くほどだ」と語った。

 副大統領候補の人選は、11月の本選挙に向け大統領候補の助けになるかどうかを見極める意味で重要。イメージを損なうような過去がないかなどが精査される。マケイン氏は71歳という年齢もあり、誰を副大統領候補に選ぶかが非常に注目されている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081213068244.html

ネットを活用するオバマ氏に負けないようブログも始めたというマケイン氏。インタビューでもポロリと口にしてしまったのでありましょうか。

71歳という年齢がすでに大統領候補としてネックになっていることにも気づかないようではどうなのでしょう?

念のためマケイン氏のブログを見てみると・・・結構オバマ氏への批判が多いのが気にかかりますな。なんか老人の選挙ってカンジであたくしちょっと引いてしまいました。

摩擦熱で温暖化?

 冬を迎える米国の南極観測基地に、1年分として約1万6500個のコンドームが届けられたことが分かった。ニュージーランドのサウスランド・タイムズ紙が9日に報じた。

 マクマード基地のビル・ヘンリクセン氏によると、コンドームは先月に到着。基地の人には1年を通じて無料で提供されるという。

 夜が続く冬季には、同基地の人員は必要最小限の体制に減り、研究者とスタッフ合わせて約125人が滞在する。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081213000844.html

ハイ、こんばんは!
ワールドニュースネットワーク、夜間担当者ですぅ!
なにやら日本はヲタクが集う繁華街でぶっそうなことが起こったとか。


本日はそのニュースで持ちきりだったようですね。
ってか、把握してつないどけよ!そんなのは。


もっとグローバルな規模でイキましょ!
今日取り上げるのは南極の"摩擦"問題でありますぅ!
えっただでさえ温暖化してるのに、南極で摩擦とはなにごとかと?
男がいれば自家発電しちゃうもの。女がいなくても右手があればオッケーよというわけで、いささかヘビーかもしれませんが、許してつかぁさい。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。