ブリトニー 決意のあらわれ

 ブリトニー・スピアーズの公式ウェブサイトに、「苦しい時期」に応援してくれたファンたちへの感謝のメッセージと、彼女のトップレス写真が掲載された。

掲載されたのはトップレス姿で白い手袋を着用し、腕を胸の前でクロスさせたポーズのブリトニー。

写真の横には彼女自身の言葉が添えられている。

「このメッセージを書いたのは、ファンの皆様の祈りがこれまで私をずっと支えてくれていたことを知ってもらいたいからです。心配してずっと応援してくれる人たちがいて、私はとても幸せです。苦しい時期だけど、ファンの皆様と一緒に前向きにこれからも生きていくつもりです。みなさんは世界にともる灯りです。互いに刺激しあい、より高い力を得ましょう。心からそう願っています。幸運を。ブリトニーより愛を込めて」

昨年、ブリトニーは2人の子供がいるにもかかわらず再婚相手のケビン・フェダーラインと離婚、歌手としての活動も下火となっていた。その後はパーティーでのバカ騒ぎや頭髪を剃り落とすなどして話題となったが、公式な理由は発表されないままリハビリ期間に入っていた。

2003年以降、彼女のニューアルバムはリリースされていない。

しかし彼女は今、ステージに返り咲こうと努力している。3年以上のブランクを経た今月、彼女は15分間のライブをナイトクラブで行った。また、現在は5枚目となるアルバムのレコーディング中だと報じられている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081179535920.html

ブリトニーを応援しているあなたも、そーではなくとりあえずトップレスという文字に思いのほか心が踊ってしまったあなたも気になっていると思うので、ブリトニーのオフィシャルサイトのURLを・・・と思ったのですが、ひとつ前の記事のタイトルでも書いたように、情報を探すこともスキルアップの大切な要素ですので、頑張ってみてください。

ちなみにわたくしは1度の検索作業(クリックは2回)でたどりつけましたよ〜ん(^^)

彼女の決意の表れが、そんな姿にさせたのでしょうか?
真理はわかり兼ねますが、応援してあげましょう!!

ちなみに彼女のウェブサイトですが、日本語オフィシャルページではトップレスは公開されてませんでした、念のため。

最後の食事は・・・

 米テネシー州で死刑に処された殺人犯の最後の晩さんの願いは、死んだあとに叶った。

米国の慣習では、死刑囚は最後の食事に好きなものを選んで食べる。フィリップ・ワークマン死刑囚は、その代わりにホームレスの人々にベジタリアンピザを贈ってくれと頼んだ。

刑務所側は、外部への寄付はできないとして、ワークマンの要望を拒否した。ワークマンは水曜日、薬物注射により処刑された。
しかし、この件の報道が大衆の心を動かした。

ナッシュビルのホームレス支援団体事務所は170枚のピザを受けとった。 ミネソタでラジオを聞いていた人たちも、問題を抱える若年層のための施設にピザを贈ったそうだ。

テネシー州の更生施設管理部の広報担当者ドリンダ・カーターは、「税金は収監者のケアに必要な特定のものに使われるべきです」とコメントしたが、ワークマンの要求をさまたげる規則はなかったことも認めた。

ホームレス支援団体の職員は、「ピザは私たちのクライアントにおおいに喜ばれました」と述べた。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081179038817.html

いかにも大衆受けしそうなお話(特にアメリカでは)ですな。
しかし、あくまでも美化してはいけません。この死刑囚に殺されてしまった被害者もいるわけですから。

ただ都合の悪いことがいつの間にか消えてしまう”思い出”のように、この手の話は美しい部分だけが語り継がれていってしまうんでしょうな。

専業主婦の報酬換算 ちょっと高すぎない?

 米国の典型的な主婦が、さまざま役割の中で家政婦、調理人、心理学者としての仕事に給料が支払われたとすると、年収13万8095ドル(約1660万円)になるそうだ。2日に発表されたマサチューセッツ州ウォルサムの補償金専門会社Salary.comの調査によるもの。

この数字は、昨年度の13万4121ドルに3%の上昇補正を加えたものだ。

家政婦、調理人、デイケアセンターの教師、洗濯機オペレーター、バンの運転手、運営管理者、守衛、コンピュータオペレータ、最高経営責任者、心理学者……この10の仕事が母親の役割を構成しているそうだ。

典型的な主婦は週40時間に52時間の残業を行い合計92時間働いているという。

家事以外にフルタイムの仕事を持っている母親の家庭での仕事で8万5939ドル稼いでいることになるという。

この調査は、2万6000人の専業主婦と仕事を持つ母親1万4000人のオンラインによる回答をまとめた。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081178246723.html

ということは、ご主人の収入総額が専業主婦の報酬にブッチギリで及ばないという家庭も多数存在するってことですな。

それでは該当する職業を再度見直してみましょう。
家政婦、調理人、デイケアセンターの教師、洗濯機オペレーターバンの運転手、運営管理者、守衛、コンピュータオペレータ、最高経営責任者

なにやらちょっと怪しげなモノも含まれているような気がします。
正当な評価をされなかったりして専業主婦も大変だとは思いますが、

洗濯機オペレーターってどーなのよ
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。