匂いで集客 クロスワードくじ

 削るだけでなく匂いをかぐことができるスクラッチ宝くじが発売された。16日、米コロラド州の宝くじ事業は、3ドルの香りつきクロスワードパズルくじの販売を開始した。 クロスワード・ブーケ、チョコレート・クロスワード、コーヒー・クロスワードの3種類だ。

関係者によれば、くじのラテックスで覆われた部分を削ると匂い付きインクが匂いを発する仕組みになっているそうだ。

宝くじ事業の製品責任者トッド・グレコは、チョコレートや花の香りのクロスワードは、クロスワードくじの顧客の大きな割合を占めている女性たちにアピールするだろうと述べている。

クロスワードくじの当選確率は、3.43分の1とのこと。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081213715447.html

日本ではあまり馴染みがありませんがクロスワードくじ、アメリカではけっこうさかんなようですな。

クロスワードが楽しみで読売の日曜版を開くあたくし、かなり気になります。でもクロスワードで当選って何なのでしょう?

枯れずにいること

 米カリフォルニア州で、同性の結婚が法律で認められるようになって初めてとなる同性愛カップルの結婚式が行われた。

 当地の市庁舎で、80代のデル・マーティンさんとフィリス・ライアンさんが、ギャビン・ニューサム市長の取り仕切る式で結婚の誓いを交わした。2人はカップルとして50年以上を共に過ごしている。

 同州最高裁判所は先月、同性愛者同士の結婚を認める決定を下し、この日に施行された。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081213680618.html

ハチマルニイマルって知ってますか?
80歳になっても20本歯があるとなんでも食えてますます健康・・・だったかな?まぁ、そんな感じ。


さて歯の数も大切だと思いますが、長寿の秘訣はいくつになっても枯れないでいること。そんな気にさせてくれるニュースであります。ゆりかごは別でも墓場はいっしょになれるかもしれませんな。

遺産をめぐる「トラブル」

 米富豪で昨年亡くなった故レオナ・ヘルムズリーさんの愛犬「トラブル」に残された遺産をめぐる裁判で、遺産の額が1200万ドル(約13億円)から200万ドル(約2億1500万円)に減らされたことが分かった。

 判事は、ヘルムズリーさんが遺言を作成した時点で精神的に衰弱していたとの理由で、相続人とニューヨーク州検事当局との和解内容を認めた。4月30日の判決が、この日明らかになった。

 口述書によると、犬の面倒を見ている人物は、200万ドルあれば「身の回りのことや快適な生活のため、10年以上にわたって最上級の世話をするのに十分」としている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081213683892.html

減額の幅がハンパではありませんが、それでも2億の遺産。
犬にしとくのもったいないです。

そういや、今日はドリームジャンボの抽せん日であります。
3億当たりましたか?支払い開始日は来週の月曜。万が一当たっちゃってたりしたら、換金するまでは眠れない日々が続きそう。あたくしそれが心配で当選番号をチェックできずにいます。このあたりは何もせずに2億ももらえる犬っころとは雲泥のさがありますな。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。