凶器は注射器?

 木曜日、一人の男が注射器をちらつかせ、コンビニから現金を奪い取って車で逃走する事件が発生したが、逃走中に民家に激突する事故を起こした。

同日午前4時前、コンビニにやって来た男は店員に注射器を見せ、「エイズとか……そんなウイルスが付着している」と脅迫、現金80ドルを奪い取ると車で逃走した。

地元警察によると、2週間前にも同様の手口の強盗事件が発生しており、犯人の車についての情報を得ていたという。警察は逃走中の車を発見、停車させようとしたが、男はそれを振り切って走り去った。

しかし2マイルほど先で、車は民家の壁に激突。幸いにもこの家の住民にケガは無かった。また、男は事故現場に駆けつけた消防士らによって、車から助け出されたという。

運転していたのはロバート・スネルソン(42)。救出後、ヘリコプターでテネシー州立大学医療センターへ搬送され、木曜日の午後には回復したと報告されている。今後、警察はスネルソンを起訴する方針。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081190426884.html

空気を注射すると死んでしまうなんてことが言われていますから、そのモノだけでも十分凶器だろ!と思ったのですが、よくよく調べてみると、いちがいには言えないようで人間ってわりと丈夫なのかも・・・とあたくし感心してしまいました。まあ、試してみる事を勧めたりはしませんが。


ちなみに病院などで誤って血管に空気を入れてしまった場合、頭を下げて足を高くするのだそうです。


アメリカ人のエチケット事情

 米国人6000人余りを対象にした調査で、公衆トイレで手を洗う人の割合が77%と、2005年に実施した同様の調査から6%低下したことが明らかになった。米研究者らが17日、シカゴでの抗菌薬および化学療法に関する学術会議で発表した。

 米国疾病予防管理センターは、手洗いは病気の感染を減らすには単独で最も重要な予防手段としている。

 米微生物学会と米せっけん洗剤協会が行った電話調査では、成人の92%が公衆トイレ使用後に手を洗うと答えたが、公衆トイレで実際に調査したところ、必ずしも回答が実態を反映していないことがわかった。

 公衆トイレで手を洗っているのが確認できたのは、男性で66%、女性で88%だった。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081190088864.html

とりあえず、トイレに入ったら手を洗うもんだと思っていましたが、アメリカ人にとっては「そんなの関係ねえ」ってことなんですかな。御手洗いなんて呼ぶくらいですから、日本の方が徹底しているということなんでしょうか。


調査機関が米微生物学会と米せっけん洗剤協会というあたり、なんとなくうなずけない部分もありますが、ひょっとしたら予想以上に不潔なのかもしれません。


でも・・・
手ぐらい洗えよ(-_-# )

体臭の神秘

受け手側って、自分の汗の匂いが刺激臭に感じるあたくしの立場は?


 体臭を人がどう感じるかは、受け手側のある遺伝子の違いによって決まる可能性があるとの研究結果が明らかになった。米デューク大とロックフェラー大の研究チームが16日付の科学雑誌「ネイチャー」(電子版)で発表した。

 米デューク大学の松浪宏明氏らの研究チームは、体内で男性ホルモンのテストステロンが分解される際に生成される「アンドロステノン」に着目した。アンドロステノンは、男女を問わず汗に含まれる物質だが、男性の汗により高い濃度で含まれる。

 汗をかいた男性のにおいは、「バニラのような」や「尿のような」、あるいは「無臭」など、受け手によって異なるが、においの感じ方は「OR7D4」と呼ばれるにおいの受容体遺伝子の違いに大きく関係しているとみられるという。

 アンドロステノンの受け取り方が人によって違うことは良く知られていたが、その根拠についてはこれまで明らかにされてこなかった。

 同チームが、鼻でにおいや化学物質をかぎ分ける際に使われる400のにおいの受容体の大部分に対して汗の化学物質をテストしたところ、「OR7D4」がアンドロステノンに強い反応を示した。

 次に、この遺伝子が変化すると、男性の汗に含まれるアンドロステノンに対する人間の知覚にも影響があるかどうかを調べ、400人の被験者から血液サンプルとDNAサンプルを採取した。

 その結果、この遺伝子がわずかに異なることにより、アンドロステノンが刺激臭であるか、甘いにおいか、バニラのようなにおいか、無臭であるかなどが決定されることが分かったという。

 人間の体におけるアンドロステノンの作用についてはあまり知られていないが、豚では、雌を交尾に誘引する強力な役割を果たすことが分かっている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081190083638.html

なるほどねえ、体臭の善し悪し(?)も遺伝子に左右されちゃうんですな。自分の事が大好きなナルシストなんてのが存在するのもうなずけますな。


男性の求愛を女性がどんな風に受け取るか。
このあたりも遺伝子に組み込まれちゃっているっていうことですか。汗の季節ももうすぐ終りますが、も一度じっくり体臭を分析するいい機会かもしれません。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。