やっぱゴムだろ?

 米マサチューセッツ州のグロスターで、16歳以下の大勢を含む少なくとも17人の女子高生が妊娠、その数が昨年の4倍に上ったことから、生徒の間で「妊娠協定」があった疑いが持たれ、市が調査している。

 妊娠検査を要望する女子が急増したため、学校の診療所が疑問を持った。

 地元当局者は19日、妊娠した女子の約半数が、1年内に一緒に赤ちゃんを産もうという約束事に参加していたと明らかにした。これに関与した男性のうち少なくとも数人は20台半ばで、1人はホームレスの男性と考えられている。ほかは同じ学校に通う男子生徒。

 グロスター市長によると、当局は婦女暴行事件として扱うかどうかを検討中。同州の法律では、16歳未満との性交渉は違法。


法律ではね、縛りきれないんですよ、もう。
最近だと秋葉原で起きた事件。ほかにもいろいろあるでしょ?

聞くところによると、パイプカットをしたり繋げたり自由にできるようになったんだとか。ほんなら思春期はカットしちゃえよ、どーせ相手はティッシュなんだから。

あいっ!たべました

 ペンシルバニア大学の近くのアパートから7人の学生が追い立てをくらった。全員、家具など荷物を全て持って出て行ったが、副管理人が部屋をチェックしてびっくり仰天。

キッチンのカウンターに人間の頭蓋骨が置かれていたのだ。

7人のうち、だれが頭蓋骨を置いていったのかはまだ判明していない。警察によると、犯罪の可能性は今のところないが、「少しばかり不気味な話」だとしている。

警察は、頭蓋骨は医学部の学生の教材か、ただのイタズラだろうと見ている。さらなる手がかりをつかむために、法廷人類学者が頭蓋骨の検査をしているという。


争点は食ったのか、そーでないのかの一点にしぼられました。
・・・食われたわけではないことを祈っとりますよん!

耐えがたきに忍び?

下着に付いていた金属製の部品で目を負傷したとして、当地の交通警察官の女性(52)が米大手女性下着ブランドのビクトリアズ・シークレットを相手取り訴えを起こした。NBCテレビのニュース番組「トゥデイ」 のインタビューで19日明らかにした。

 被害を受けたとするマクリダ・パターソンさんは番組で、Tバックをはく際にラインストーンを止めていた金属製の部品が飛んで角膜を切るけがをしたとし、「耐え難い苦痛」を受けたと述べた。

 ビクトリアズ・シークレットを経営するリミテッド・ブランズのスポークスマンからのコメントは得られていない。


はぁ、目はキツいね。
ってか、ブラには金具必要かもしれんけど、なんでパンツについてんのさ。


角膜に傷があると、レーシックも受けられないみたい。ってか、見たくても見られなくなっちゃったら大事だから気をつけてねん!
タグ:レーシック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。