プロポーズは凝った趣向で

 ケヴィン・ウィーバーさん (34) はカレン・スラッサーさん (47) にプロポーズするにあたり、まずメッセージをペイントした車でデモリション・ダービー (最後の1台になるまで車をぶつけ合うカーレース) に参戦した。

「私が知っている女性全員が、婚約するときはそれを世界に向けて発表したいと言っています。私は彼女のためにそれを引き受け、忘れられないものにしようと決めました」と、ウィーバーさんは語る。

スラッサーさんはウィーバーさんがダービーに参加することは知っていた。スラッサーさんはウィーバーさんが車を白とブルーに塗装し、さらに彼女のウサギ飼育ビジネスの宣伝のため、ウサギのはく製を車のてっぺんに設置するのを見ていた。

しかし前の週に、ウィーバーさんは、雨から守るためと言って車を友人の車庫に移した。そこで彼は「カレン・スラッサー、結婚してくれる?」というメッセージをボンネットに描いた。

また、彼は、ウサギのひづめに、布でできた大きなダイヤモンドの指輪をつけた。

車がスタジアムに現れたとき、スラッサーさんは初めてメッセージを目にし、家族は歓声をあげた。

ウィーバーさんは3着でレースを終了し、ドライバーズピットのゲートでスラッサーさんに会って答えを聞いた。

彼女は笑いながら「イエス」と答えた。

そうして彼は、彼女に本物のダイヤモンドの指輪を手渡した。



http://www.excite.co.jp/News/odd/00081191362173.html

いかにもアメリカらしいお話ですな。
「夜景なきれいな場所で」とか日本の男も、シュチュエーションには手間暇かけたりしますが、ここまで本格的なのはあまりないのでは?


蛇足になりますが、あたくしの場合は酔った勢いでしたが何か?

校則が変わりました

米イリノイ州シカゴ郊外のパーシー・ジュリアン中学校で、ハグ (抱擁) 禁止令が出された。ヴィクトリア・シャーツ校長は、同校の860人の生徒が校舎内全域でハグを行うことを禁じた。生徒の「ハグ行列」によって廊下が混雑し、授業への遅刻の原因になっているというのが理由だ。

「ハグは空港で家族が再会した際に行うものであって、2〜3分ごとに廊下ですれ違うたびにするものではありません」と、シャーツ校長は言う。

ハグ禁止を定めたもうひとつの理由は、ハグが長すぎたり親密すぎる場合があるからだそうだ。

「ハグが片方の生徒の望まないものだったり、不適切なものになる場合も問題です。我々はしばしばそうした事件に直面します。目指すものは、誰もが通ることができ、安全で、遅刻をすることのない規則正しい廊下なのです」と、校長は保護者に宛てた手紙に記している。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081191365326.html

この動画はVideo Awards 2006 Most Inspirational 受賞作品です。
なんだかちょっと涙ぐんでしまったあたくし、涙腺がゆるいのでしょうか?


廊下が狭いから?理由はともかく、こんなことも学校側から指導される中学生っていったい。

校長がハゲだから?とかいろんなところをかんぐりたくなってしまいました。

ブロックあそびでおりこうさんになろう!

 米ワシントン大の研究チームは、子どものブロック遊びが言語スキルの習得に役立つとの研究結果を発表した。 

 同研究では、1歳半─2歳半の子ども175人を対象に、半分の子どもたちにプラスチック製のブロックを与え、ブロックを与えなかった子どもとの差を比較した。6カ月後に言語の習得度を計ったところ、ブロックを与えられた子どもは、ブロックを与えられなかった子どもより習得度が15%ほど高かった。

 親は、どのように子どものブロック遊びを手伝ってやるかのアイディアを与えられ、4日間にわたってブロックで遊ぶ子どもの様子を記録、最後に子どもの語彙(ごい)、文法、その他の言語能力を評価する質問に答えた。

 同研究をまとめたDimitri Christakis氏は論文で、子どもの脳が急速に発達する際にブロックで自由に遊ぶことで、思考や記憶などが刺激されると指摘した。  

 研究結果は、1日付の専門誌「Archives of Pediatric and Adolescent Medicine」に掲載された。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081191301602.html


へぇ〜、たった4日で差ができちゃうほど脳への刺激が違うなんて、ちょっと驚きです。幼児がいる家庭はブロックが必須ですな(というわけでご用意しました ^^;)


そーいえばおばあちゃんが、よく胡桃(くるみ)を手の中でコリコリまわしていたっけ・・・おっとこっちはボケ防止か、なるほど。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。