マクドナルドの品質管理

 12日、トレーラートラックが当地のマクドナルドの駐車場に停車したところ、後部ドアが開き、牛8頭が逃げ出した。牛は2時間後に捕まったが、場所が場所だけにジョークの種になっている。

ウェーバー郡の保安官は「たぶん、牛たちは自分から冷凍庫に飛び込み、パテになるまでの手間を省こうとしたんじゃないかな」とコメント。

別の保安官は、異説を唱える。「牛たちは自分の将来に絶望したんだよ」

近くの住民たちも参加した牛の追い込み作業は、「ハンバーガー支援作戦」と名づけられた。

この様子を目撃した住民の一人は「目を疑いました。どこからやってきたのか見当もつかなかった。360キロくらいある牛で、走り回っていたよ」と語った。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081195121482.html

マクドナルドで売れ残ったサラダの調理日時の表示を改ざんしてたなんてニュースが流れましたが、アメリカではマクドナルドを見て、牛が脱走したなんて出来事があったとか。


まさか偽装を前もって知られてくれたとかいった話はまったく伝わってきておりません。当り前か、事件があったのは日本法人だし・・・ぉぃぉぃ。

口臭の緩和にはモクレンを

 米チューインガム・メーカーの研究チームが14日、少量のモクレンの樹皮をハッカ菓子やガムに加えることで、口臭の原因となるバクテリアを除去する効果があるとの研究結果をまとめた。

 Wm Wrigley Jrの研究員らが同社の健康な社員9人を対象に研究を行い、農業と食品化学に関する専門誌で発表した。

 口臭のほとんどは、口腔(こうくう)内のバクテリアが複数種のタンパク質に分解する際に悪臭を放つ硫黄化合物を発生することで起こるが、それを抑える抗菌剤の多くには副作用があり口腔ケアには不向きだった。

 中国漢方で発熱や頭痛、ストレスの薬として伝統的に使われてきたモクレンの樹皮から抽出した成分は、かいようの原因となる細菌に効果があることがわかっており、また最近の研究で副作用もほとんどないことが明らかになった。

 研究チームによると、モクレンの樹皮を入れたミント菓子やガムを昼食後に摂取した被験者に、口臭の原因となるバクテリアが減る効果が確認されたという。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081195102453.html

口臭予防についての効能は、元記事を読むかぎり副産物的に発見されたようなイメージがありますな。


もともと口臭予防にチューインガムを噛んだりしますが、モクレン配合でより効果が期待できそうです。

ビキニにまつわるお話

 米国人女性の間でブラジル風の大胆なビキニ水着の人気が高まっている。ブラジルのビーチ・ファッションブランド「Rosa Cha」のデザイナー、Amir Slama氏(41)が明らかにした。

 同氏によると、1990年代は保守的な好みを持つ米国人女性向けに肌を覆う布地の多いビキニを特別に作って輸出しなければならなかったが、近年の嗜好(しこう)の変化により、多くの米国人女性からリオデジャネイロのビーチでよく見るような布地の少ないビキニの注文が増えたという。今では、ロサンゼルスやニューヨーク、マイアミといった大都市ではブラジル風の大胆なビキニが大半を占めるまでになったとしている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081195009851.html

ハリウッド産の映画を観ると、すぐエッチしちゃうイメージのあるアメリカ人女性ですが、保守的とは驚かされました。もっともあたくしのイメージが先行しすぎているんでしょうな、きっと。


それはともかく布地の少ないビキニはたまんない代歓迎ですので、どんどん輸出していただきたいモノです。もちろん日本にも(^^;)
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。