オシャレな生き方

 10月に88歳で亡くなったチェット・フェッチさんから34人の友人に手書きのクリスマスカードが届いた。送り主の住所は「天国」。

友人たちの間で、そのユーモアのセンスが知られていたフェッチさんのカードにはこう書かれていた。

「神さまに、ちょっとだけ現世に戻って、カードを送らせてもらえないだろうかって頼んだんだよ。最初はダメだって言ってたけど、しつこく頼んだらとうとう『ああ、もう、行ってきなさい。あっちに長居しちゃいかんぞ』って許してくれた。天国の様子を教えてあげたいけど、とても言葉では表現できません」

「そろそろ戻らなきゃ。神さまが天国への入り口を開けててやると言ってた。調子に乗りすぎないようにしないとね。きっとまた会えるよ(君が思っているよりいくぶん早くね)。メリー・クリスマス。チェット・フェッチ」

25年近くフェッチさんの友人だったデビー・ハンセンさんは「全く困った人ね、と思うわ。あんまりチェットらしくてビックリよ。最後の笑いを取らないと気が済まないんだから」と語った。

このカードは、美容師のパティ・ディーンさん(57)と20年も前から計画していたものだという。フェッチさんは宛先リストを更新し続けていた。そうして郵便料金が上がると、差額をディーンさんに渡していた。この秋、髪を切っているときに椅子からディーンさんを見上げてこう言った。

「例のカードを送るのを待つのにいい加減うんざりだろうが、たぶん今年は送れると思うよ」

フェッチさんはその1週間後に亡くなったそうだ。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081198739455.html

映画のワンシーンをみせられたような気分であります。
きっと生前もオシャレでウィットに富んだ方だったのでしょうな。


25日を過ぎると年末の大掃除とかシメナワの用意とか年明けを目指す日本人。クリスチャンではなくてもクリスマスに盛り上がったんだから、もうちょっとジングルベルに浸っていてもいいのかもしれませんね。

聖なる夜に・・・

メリクリぃ〜♪
今夜は性なる聖なる夜ですから、ひとつクリスマスらしいニュースをひとつ (^^)


 用意していたクリスマスプレゼントを早く開けてしまった、との理由で妻が夫をキッチンナイフで刺すという事件が発生した。

加重暴行罪などで逮捕されたのは妻ミスティー・ジョンソン(34)。刺された夫ショーン・ジョンソン氏は病院で治療を受け、すでに退院している。

当局によると、木曜日に行われた最初の公判で妻は法廷弁護人を要求、7500ドルの保釈金を支払って釈放された。

事件があったのは水曜日の午前1時頃のこと。夫から「妻に刺された」と警察に通報があり、たまたま現場付近をパトロールしていた警察官がその直後に駆けつけた。

クリスマスプレゼントを早くに開けてしまったことに妻が激怒した、と夫は話しているが、そのプレゼントの中身は分からず、さらにはそれが自分へのプレゼントだったのかもよく分からないと述べている。口論が激しくなってくると、「あなたは浮気している」とまで言われたという。

二人が結婚したのは9月下旬のことだった。一方、妻も軽いケガをしていたため病院へ搬送され、その後に拘置されていた。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081198371858.html

ふむっ、聖なる夜にキッチンナイフで・・・という出来事。
仲がいいからなのかそれとも酔っていたのかわかりませんが、なんだかかなり激情型の様子。


クリスチャンではありませんが、今夜くらいは静かに平穏に過ごしたいものでありますな。

触るとやけどするぜぃ

 米アリゾナ州フェニックスのマヨ・クリニック病院の外科医が手術中に、患者の刺青を施した性器を携帯電話で撮影、他の医師たちに見せたとして、懲戒会議にかけられている

問題の医師は、一般外科チーフレジデントのアダム・ハンセン医師。今月11日、胆嚢の手術中に、ストリップクラブのオーナー、シーン・デュボウィックさん(27)の「Hot Rod(熱い棒)」と刺青されたペニスの写真を撮ったことを認めた。

デュボウィックさんは、このことをハンセン医師から電話で知らされた。

「手術の後、医者から『問題が起きた』という電話があって、すべてを知らされた」とデュボウィックさん。

外科チームの一人が地元紙『 The Arizona Republic 』に写真の件を匿名で通報。

「医者は、この件を新聞で最初に知って欲しくないと言っていた」

デュボウィックさんはペニスに刺青をしたことについて「人生でやらかした最悪のこと」と語った。これから弁護士に、この件に関して相談する予定だ。

「ここに座っていると、どんどん怒りが増してくるよ」とデュボウィックさん。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081198152721.html

どこを手術していたんだかわかりませんが、こっぱずかしい話であります。Hot Rodは良かったですな。


タトゥー、どーせ入れるんなら唐獅子牡丹とかサクラフブキでひとつ。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。