壁に耳あり・・・

 昨年12月13日付けの地元紙『ルイストン・トリビューン』の1面に、2枚の写真が掲載された。

1枚は青と黒のチェックのコートを着た男が、店の窓にクリスマスのメッセージを描いている写真。もう1枚は監視カメラの映像から取ったもので、男が女性の財布を同じコートのポケットに入れている写真だ。

この2人の男は外見が酷似していたことから、ワシントン州クラークストンに住むマイケル・ミルハウス(43)が、第3級窃盗の容疑で逮捕され、起訴された。

ミルハウスには禁固1年の刑が科せられ、そのうち335日分は執行猶予処分、残る30日は、電子モニターをつけることが義務づけられた。また女性の財布に入っていた600ドルを損害賠償として支払うよう命じられた。

2枚の写真の男の類似に気がついたのは、同紙の原稿整理編集者たちで、翌朝、クラークストン警察に通報、情報を提供した。ニコルス検察官は、判決の後、ルイストン・トリビューン紙に感謝の意を表した。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081202360654.html

どこで誰が見ているかわからんもんですな。
悪さをしなくても、車を運転しながらはなくそをホジっているところをみられたとある会社の営業担当。それまでは密かにさわやかさで好印象を振りまいていたのですが、鼻の穴に入れた一本の指のおかげで株価急落してしまいました。


監視カメラに限らず、誰もが携帯電話を持つ時代。
いつ写されているかわかりませんから、外出時はポケ〜っとしないように注意しましょう。


しかし原稿整理編集者、立派です。
職務以上の働きが実を結びましたね。

キリンのための防寒グッズ

 年輩の婦人の多くがそうであるように、キリンのティキも近頃寒さに悩まされている。

なので、オークランド動物園の職員たちは、彼女が冬を心地よく過ごすことができるよう、特別にコートをあつらえることにした。

キリンとしては高齢の18歳に達しているティキは年齢的な体の衰えに直面している。 彼女は定期的に指圧師、マッサージ師、鍼師の治療を受けている。

動物園の飼育係メリッサ・マッカートニーさんは、これらは馬のケアの一環として、少なくとも進んだサンフランシスコのベイエリアでは一般に受け入れられており、薬物を使わずに動物を手当てすることができるのが好ましいと語っている。 マッサージはティキと飼育係のコミュニケーションを円滑にし、鍼は肩と背骨を楽にするそうだ。

しかし、ベイエリアの冬の寒気がアフリカの動物を冷やすのに、飼育係たちは途方に暮れているという。

身長3メートル90センチのティキは普通の馬小屋に収まらないし、馬用毛布は小さすぎる。

「かわいそうなティキは、毛布の下で姉のお下がりを着ている子のように見えました」と、動物園の広報担当者のナンシー・フィリッピさんは言う。

動物園の従業員たちはティキのために馬羊毛布のデザイナーに連絡を取り、コートを作ってもらった。

コートは上品な深緑色で、温度調節のため着脱可能な裏地がついている。
正確に採寸するため、マッカートニーさんははしごをよじ登らなければならなかった。
その結果、超ロングサイズのコートが作られることになった。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081202237901.html

”ネックウォーマー”がマイブームなあたくし。小雪が舞い落ちる中を100均で購入して参りました。いま、首に巻いてます・・・とっても暖かいです。


オーダーメイドのコートもいいですな。キリンにもネックウォーマーをと一瞬考えましたが、それでもやっぱりコストがかかるし結局オーダーの必要がありますね。

バレンタイン・デー ヒキコモゴモ

 米国人800万人が、孤独や愛されていないと感じないよう、2月14日のバレンタインデーに自分自身にプレゼントを贈っていることが分かった。1000人を対象に行われた電話調査で明らかになった。

 マーケティング関連会社Bill Me Laterと市場調査会社イプソス・インサイトが行った同調査によると、女性が望むプレゼントと男性が購入するプレゼントに大きな差があることも判明。男性から妻や恋人への贈り物として最も回答が多かったのは下着(22%)だったが、下着が欲しいと望む女性は2%だった。

 一方、女性が望むプレゼントはジュエリーで、男性が選ぶ贈り物としては5位だった。

 また、カップルでプレゼント交換をしないと決めた後、男性5人に1人が言葉どおりにプレゼントを用意せず、女性を怒らせていることも分かった。

 バレンタインデーに恋人と別れた人も600万人に上る。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081202262927.html

いらないというから買わない・・・そーすると怒り出す。扱いが難しいですな。まぁ、これが可愛いなんて思えちゃうなら、まだ枯れていない証拠。今年もがんばってくださいな。


さて、バレンタイン・デーとゆーとチョコしか思い浮かばないあたくし、こー見えても妻一人子一人であります。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。