サルが描く名画 オークションへ

 ウッドランドパーク動物園が、オークションサイトにオランウータンが描いた絵を2つ出品している。どちらも「トワン」という名前のオランウータンがチョークとペンなどを使用して描いたもので、原色豊かな作品だという。

飼育員のキャロリン・オースティンさんによると、トワンは同動物園で最も芸術に興味を示すオランウータン。他のオランウータンは絵を描いても自ら破り捨ててしまうそうだ。

オークションで得たお金については、来年シアトルで開催される飼育員らの国際会議の経費として利用する予定、と同動物園は話している。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081202608029.html

どうしても人間のまねをする動物ってのは貴重とされるようであります。
オークションに出展するようですが、どんな値段がつくんでしょうな。


入札にアツくなりすぎて、落札したあとに熱が冷めてふと物悲しくならないことを祈っております。

現地調達

 ゴルドンナで他人の家に押し入り、そこにあったコンピュータで偽札をつくった男が逮捕された。

通貨偽造、住居不法侵入、保護観察違反などの容疑で逮捕され、ナキトッシュ・パリッシュ拘置所に勾留されたのはチャールズ・ノーブルズ(28)。

5日午後1時ごろ、犯行現場となった家の裏手の森に不審な車が止まっているとの通報があり、逮捕につながった。

コンピュータは押収され、さらに事件の全容を解明するために捜査が続けられている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081202390656.html

ユビキタスコンピューティングなんて言ったりしますが(ちょっと違うな)どこでも恩恵を受けることができるという意味ではコイツにとっちゃユビキタスだったんでしょうな。


自分のパソコンがやっぱり使いやすいと思うんですけど、こんなにスキルがあるならもちょっとましな職につけると思うんですけどねぇ。

なめンなよ

 ラムゼー郡地方裁判所で6日、女性から財布と携帯電話を強奪し、足を舐めた男が保護観察5年の判決を受けた。

この男はチャールトン・デービス(26)で、保護観察の条件に違反した場合、禁固21カ月の実刑に服することになる。

裁判記録によると、昨年9月9日午前1時ごろ、デービスは仕事帰りの女性に近づき、携帯電話と財布を奪ってバッグの中に入れ、次のように言った。

「それじゃあ、あんたの足を舐めさせてもらおうか」

その数分後、警察は数街区離れた場所でデービスを逮捕した。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081202391342.html

通常、強盗にあって怖い思いをしたときの捨て台詞には当てはまらないと思うのですが、このケースの場合なぜかしっくりしすぎてます。


・・・うぅ〜くそ〜、元ネタが面白すぎてコメントが浮かばない!

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。