公務員か?公務員なんだな?

 女性のバス運転手が「その日の勤務時間が終わった」という理由でバスを駐車場に放置して立ち去るハプニングがあった。そのバスに乗っていたのは州刑務所から出所したばかりの元囚人40名だった……

中には仮釈放の者、足首に追跡装置をつけている者もいた。木曜日、このチャーターバスはダラスのターミナルに向かう予定だったが、運転手が途中でどこかへ行ってしまったため、目的地の60マイル手前で立ち往生となった。

コーシカナ警察のラモイン・ローホン巡査部長は「警察官として31年間働いているが、こんなことは初めてだ」とコメント。

午後四時頃、バスはコンビニに駐車したが、運転手の女性は「私の本日の勤務時間が終わりました。別のドライバーが来ますから」とだけ告げ、そのまま立ち去ってしまった。

驚いたコンビニの店員が通報、警察が駆けつけたころ、元囚人たちがバス付近をぶらぶらと歩いていたという。このためローホン巡査部長らは、刑務所関係者がバス会社と事態の把握と対策を行っている間、元囚人らと一緒にバスで待機する羽目になった。

午後7時頃になってようやく別のバスが到着したが、今度は3人の運転手が乗っており、その内一人はバスを放置した女性運転手だった。

グレーハウンドバス社の広報担当者は、「あってはならない事です。バスの運転手は決められた勤務シフトを厳守しなければならない、と社則で決まっているのですが、今後も調査続けていくつもりです」と話している。

別のバス到着まで、元囚人らは何の問題も起こさなかったという。「全員、“模範囚”でしたよ」とローホン巡査部長は語った。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081203213081.html

時間から時間の仕事だとありがちなんでしょうかねぇ。
いくら時間かかっても、逆にかからなくても”一仕事”と区切られるような形態で働いていると、なかなかこういった意識にはならないように思います。


っていうかこの運転手、コンビニでバスを止めてどこへ行ってたんでしょうな。放置された元囚人たち、試されてるのかな?とか考えたりしてきっと不安だったことでしょう。


これって、刑のつづきだったりして。

親、選べたらねぇ

 「ビールもう一杯ちょうだい」、こんな調子でおかわりを頼んだ妊娠7ヶ月の女性が、女性バーテンダーに「妊娠中はお酒を飲まない方がいいですよ」と言われ注文を断られてしまった。このため女性は激怒、ビール瓶などで殴りかかって逮捕された。

地元警察によると、女性バーテンダーはビール瓶の他、グラスで耳や頭部を殴られており、耳の一部の接合手術のため28針縫うケガを負った。

この妊婦は加重暴行、単純暴行などの容疑に問われており、25000ドルの保釈金設定でビーバー郡刑務所に拘置されている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081203128783.html

弟子をビール瓶で殴った元オヤカタがしばらくニュースで取り上げられていましたが、アメリカでも・・・。凶器になりやすいんでしょうか。


しかも、妊婦の犯行ですからな。さぞかし胎教によろしいんでしょう。
せっかく生まれても母は前科モノ、しかもAP電で世界中に笑われちゃってるなんて知ったらショックでしょうな。

決してあきらめない心

 警察が追い詰めた容疑者が、所持していたコカインをトイレに流して証拠隠滅を図った。しかし、キャメロン警察は決してあきらめなかった……。

フランク・アール・エバンス(32)は今月、警察が捜査で自宅を訪れた際に、所持していたコカインの入った袋数枚をトイレに流した。しかし、警察はできるかぎりの証拠を押さえようとトイレを床から引き抜き、重機まで導入して下水管内部を探した結果、なんとか数袋を押収した。

エバンスは証拠品隠滅、傷害、逃走容疑に問われているが、袋の内容物がコカインであることが証明されれば、さらに容疑は増えることになる。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081203212770.html

キャメロン警察とキャメロンディアス・・・ちょっと似てない?

はい、本日2発目の中毒関連のニュースであります。
トイレ破壊してまで証拠を追う。なかなかできない行為ですな。もう絶対捕まえてやろうという執念が伺えます。


傷害、逃走容疑なんて罪状も列挙されてるところをみると、トイレに流しただけでなく、暴れて逃げようとしたんですな。大捕り物お疲れでした、キャメロンディアス。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。