運はどこへ?

 飲酒運転容疑で捕まった男が、拘留を解かれた4時間後に今度は運輸省の土木作業車に追突する事故を起こした。

飲酒運転容疑で拘留されていたのは、ダニエル・コーベット(56)。迎えに来た姉妹が車を運転して署から去ったが、それから約4時間後に事故の通報が警察に入った。

コーベットの血中アルコール濃度を検査するため、警察が最初に彼をメディカルセンターに連行したのは水曜日の午前2時。そして事故を起こしたコーベットを連れ、再度センターを警察が訪れたのは同日午前6時のことだった。

州警察によると、2度目にメディカルセンターを訪れたのは、事故でケガをしたコーベットの治療のためだという。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081203731874.html

なんてツイてないんでしょう。
というか運転しちゃダメな日だったんでしょうな。


生きているといろんなことがありますが、明日もがんばりましょう!
あっ、日曜日か・・・。

21万5千円の代償

 昨年6月、麻薬捜査で逮捕された際に現金2000ドル(およそ21万5000円)を押収された男が、その金の返還を求めてアンダーソン郡保安官事務所に行き、逮捕された。盗難車で行ったのだ。

逮捕されたのは、チャールズ・チャンバーズ(36)。保安官代理たちは、金を取り返しに来たチャンバーズに19日午後に来るように言って、帰らせた。引き上げるチャンバーズが乗り込む車を見た保安官代理の一人が、それが3時間ほど前に盗まれた車の情報と一致することに気がついた。

別の保安官代理が車を停めたところ、チャンバーズはイグニッションにドライバーを突っ込んで車を停止させたという。キースイッチが取り除かれていたのだ。

チャンバーズは盗難車所有などの容疑で逮捕された。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081203649055.html

「叩けばホコリが・・・」などと申しますが、ホコリだらけですな。
通常、こんな方々はケーサツなんて嫌いだと思うんですが、押収された21万5000円が本気で悔しかったんでしょう。


せっかくなんてもうちょっと叩いてみることをお勧めしますょ。

CD-Rじゃダメですか?

 DVDには防弾効果がある?

コールトン郡消防・救急局長のバリー・マックロイ氏が16日朝、ウォルターボロのレストラン『ワッフルハウス』を出たときに、2人の男がケンカを始め、銃を発砲した。弾は1人の男に命中、貫通して窓を割り、マックロイさんに当たった。

しかしマックロイさんはジャケットのポケットにDVDを入れていて、弾はそれに命中。撃たれたことにすら気がつかなかったという。

現場に駆けつけた警察官に事情を説明しているうちに、初めてジャケットに穴があき、DVDのケースが粉々になっているのに気がつき、初めて弾が当たったことを知った。命中した部分が打ち身になったが、怪我はなかった。

「DVDに命を救われたわけだ。まったくもってラッキーだった」とマックロイさん。

1人の男が、暴行、銃の不法所持などの容疑で逮捕された。

命を救ったDVDは部下からのプレゼントで、消防士に関するTV番組を録画したものだったそうだ。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081203603812.html

あたくし、何を隠そうOSフェチなもんで一度焼いてその後使わないCD-Rをわんさか持っています。Linuxをとっかえひっかえインストールしてるんですな。


防弾になるんなら、体中にくっつけて歩こうかな・・・。


しかし、撃たれたことにすら気がつかなかったってのもスゴイ話ですな。DVDのまんなかの穴を運悪く通過したりしなくてホントに良かった。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。