サメと戯れるダイビング・ツアー

 バハマ沖で、サメに餌付けをするスキューバダイビング・ツアーに参加していたオーストリア人男性(49)がサメに足をかまれ、死亡した。当局が25日発表した。

 米沿岸警備隊は24日、フロリダを拠点とするダイブボートから、男性がサメにかまれたとの救難信号を受け、ヘリコプターを出動させた。男性はマイアミの病院に搬送されたものの、死亡が確認された。

 同ツアーは、クルーが水中にえさをまき、参加者がシュモクザメやイタチザメなどサメ類の近くでダイビングできることを売りにしている。ウェブサイトでは「危険な可能性がある」としていた。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081204001329.html

スキューバダイビング・ツアー、ただし命がけの・・・。
スリルを求めるのはわかりますが、ホントに死んじゃったんではシャレになりませんな。


WNSでご紹介しているニュースの中でもオージーのニュースでは、ワニやらサメやら危険がいっぱい。それにも関わらず、アメリカに渡ってまでなぜ?と考えちゃいました。んっ?オージーじゃなくてオーストリア・・・?まいったな、この世間知らず(^^;)

マックスの大冒"犬"?

 水曜日、ピックアップトラックの助手席にボクサー犬の「マックス」を乗せ、コンビニへやって来たチャールズ・マッコーワン氏。買い物を終えて外へ出てみると、停めてあったトラックが愛犬と一緒に消え去っていたという。

盗まれたと考えたマッコーワン氏は警察に連絡したが、駆けつけた警官らが周囲を捜索したところ、道路を挟んだ反対側にあるファーストフード店の駐車場でトラックが見つかった。しかし問題は、どうやってトラックがここまで移動したのか全く分からない点だ。

防犯カメラの映像では、トラックがバックで走り出し、そのまま道路を横切るところまで撮影されていた。

警察は「マックスが偶然ギアをバックに入れてしまったのでは」と発表している。トラックはどこにもぶつからずに反対側へ移動しており、マックスにもケガはない。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081203818891.html

「バックもできるよ!」と言ったかどうかは定かではありませんが、犬がちょっくら運転しちゃったみたいですな。


車を離れるときは、エンジンを止めてキーを抜くのが基本と考えて、ちょっと面倒でも実践することにしてます。とりあえず自分のせいで事故なんて御免ですから。


なにやら、運転中にかかってきた電話に出ても自分は悪くないなんて、セルフルールを実践している人もいるようですが、そんなひとはやっぱり特殊な存在なんで、真似しないようにしましょうね。

ひとり無法地帯

 消防署に停めてあったはしご車に無断で乗り込み、警察の命令を無視してしばらく車から降りてこなかった女性が数々の容疑に問われることになった。

水曜日の午後、自分の車が故障で動かなくなってしまったマルク・バックリー(20)は、近くにあった消防署に向かうと、停めてあった消防車に無断で乗り込んだという。警察が降りるように命令しても彼女はそれをしばらく拒否し続けた。

最終的にバックリーは消防車から降りてきたが、彼女は不法侵入、警官への暴行に加え、近くのコンビニで万引きした容疑にも問われることになった。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081203731609.html

目的がわかりませんが、ひとりでカオスを作れるなんてある意味すごいですな。


どさくさに紛れて万引きまでしてるし。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。