多分、待ってますよ。

 インドのビハール州で、夫を亡くして独り暮らしの女性(80)が、3万7500ドル(約400万円)の費用をかけ、2日間にわたって約10万人に昼食を振る舞う宴会を開いた。地元当局者らが明らかにした。

 出席した議員によると、この女性は宴会の理由について、天国で安らかに眠ることができることを願って行ったとしている。また遺産を相続する家族や親戚もいないため、自分の死後、このような会を開いてくれる人がいないことを不安に思ったとも語っている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081212987657.html

こんな記事を目にすると、信仰は大切なのかなと思いますな。
夫を亡くして独り暮らし・・・妙齢の女性ならばアレですが、80ですか。


だれかとどめを指してやってください。きっと本人も希望してることでありましょう。

夫婦仲はいいけれど・・・

 幸せな結婚生活を送っていたインドの夫婦が、記録上は10年前に離婚していたことが分かりショックを受けている。3日付の現地紙タイムズ・オブ・インディアが伝えた。

 妻が夫の身内による暴力を裁判所に訴えようとしたところ、離婚の事実が発覚したという。夫は同紙に対し、弁護士である自分の身内が、同様の訴えを起こそうとした10年前に2人の離婚をでっち上げたに違いないと語っている。

 夫婦はこの身内とその同僚4人に対し、文書偽造の罪で裁判所に訴えを起こした。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081212477641.html

早とちりしそうになりました。よく読むと暴力をふるったのは夫の”身内”だったんですな。そして離婚をでっちあげたのも身内。


親類縁者にかなり苦労してそうで大変ですが、これからもお幸せに。

ぞぉさん ぞぉさん・・・ってなんて暢気な歌なんでしょ

 インドで過去数カ月に11人以上を殺害、多くの人にけがを負わせてきたたゾウが、射殺された。当局者が31日明らかにした。

 「オサマ・ビンラディン」と名付けられ恐れられていたこの野生の雄のゾウは、2つの州で作物や家屋を破壊するなど村人たちを脅かしてきた。

 政府高官のRavi Ranjan氏は、当局員らと警察のチームが30日夜、同国東部のジャルカンド州でこのゾウを追い詰めた後、射殺したと発表した。

 同日、多くの村人たちが射殺されたゾウを見に集まった。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081212317272.html

もしあたくしが名前をつけるとするとですな・・・シャロン・ストーンの二の舞になりそうなので公表は控えさせていただきます。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。