そっか、そんなに好きだったんだね o(ToT)o

 恋人が井戸に落ちて死亡してしまい、悲しみに暮れるインド人女性(22)が、火葬の直前に彼の死体と結婚することを申し出た。

グジャラート州アナンドの地元警察官は、「花嫁衣装を着て数分後、彼女は未亡人となってしまいました」とコメント。

結婚式はヒンズー教の伝統に則って行われ、男性の死体は火の側に置かれた。数名が結婚を祝う歌を歌い、その後に彼の遺体は荼毘に付された。

花嫁は結婚の契りを交わすまで彼の遺体を手放さないと話していたという。(後略)


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081173575351.html

「恋人の死体と結婚」なんてタイトルだけみるとちょっとひいちゃいますが、いざ読むとなんだかやりきれないほど悲しい話でした。
そっかぁ、そんなに好きだったんだねぇ・・・。

いますぐは無理だろうけれど、こんな子には心から幸せになってほしいと思います。

警官 VS 著名人

 インドの人気クリケット選手の一人に罰金を科そうとした交通係警官が、別の部署に異動させられてしまった。著名人は法律の上を行く、ということがインドでは発生するようだ。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081168741428.html

豪勢な話ですな。とりあえず悪いことしちゃったんだから裏から手を回すなり圧力をかけるなりしそうなもんですが……ホントに法律の上をいっちゃうんですねぇ。(-_-;)

えーっとカースト制度ってまだ生きているんですか?


調べてみると制度は廃止されたのですが、いまだに根強く残っているようです。

IT産業で目覚しい発展を遂げても、こんな横行がまがり通るのではいつまでたっても国としては豊かにはなれませんよねぇ。

ちなみにYouTubeでみつけた動画です。



この国の"無秩序″ぶりが伝わって来ませんか?

やりぃ! 一番のりぃ \(^^)/

 男子プロテニスのロジャー・フェデラー選手が土曜日、テニスラケットをクリケットのバットに持ち替え、インドを襲った津波から生き延びた子供たちと試合を楽しんだ。(後略)


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081166958279.html

うむっ、一番乗りできたのは微妙に"いい話"でツッコミどころがないためでしょうか?(^^)

コメントを書きはじめてみたものの、確かになに書こうかと迷っとります。(-_-;)
とりあえずロジャー・フェデラーをイメージ検索でググったりして……。
おっ!いい男、彼をユニセフの親善大使に選んだ御仁は目が高いですな(^^)

ふぅ〜、すみません

この辺で勘弁してください m(.^.)m
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。