さすが”別荘”

 ブラジル北東部バイア州のレモス・ブリト刑務所で、強盗殺人の罪で懲役28年の刑に服している囚人が、広い監房を独占してプラズマTVセット、エクササイズ器具などを設置、38口径の拳銃2丁を所有し、日本円にして約1800万円相当の現金を持つ優雅な生活を送っていたことがわかった。

この囚人は、ジェニウソン・リンス・ダ・シルバ。

警察は2日、全国規模の麻薬取り締まりの一環として、シルバの監房を捜査しこれらの贅沢品などを押収。シルバは別の刑務所に移された。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081212723785.html

刑務所に優雅とか快適さを求めちゃいけないような気がするのですが、どうなんでしょう。ってか大幅に譲歩してプラズマテレビやエクササイズ器具まではよしとしても、拳銃ってなに?


シャバ以上に快適では、出てきたくなくなっちゃいますな。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99625642
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。