シマウマの模様は白地に黒

バンコク市内の祠(ほこら)で、数百体のシマウマの像が奉納されている。多くのタイ人はこの祠に祭ってある「神」のお気に入りの動物がシマウマであると信じており、像の近くでは祈りを捧げる人の姿も見られた。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081212716056.html

草食動物のため、食物連鎖の視点でシマウマを見ると捕食される側におります。それなのにあんなにも派手な模様で大丈夫なのか、他人事ながら気にかかるところでありますな。たくさんの頭数で走ると迷彩になって逆に好都合なのかと思い、調べてみたら霊長類以外の哺乳類は色の識別能力が低いため、あまり色は関係ないのだとか。(参照:Wikipedia)


それにしても何で奉納されてるのがシマウマなんでしょうね。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。