ジャカルタでやらず、是非うちの上で・・・

 ある男性が日曜日、ジャカルタ上空から現金1億ルピア(約112万円)をばらまく予定となっている。この男性は作家で、自分の新作の販促活動だと説明している。

「ジャカルタにお金の雨を降らせたいのです。ちょっとバカげているかもしれませんが、まじめなマーケティングです」と作家のトン・デセム・ワリンギン氏(42)はコメント。

この計画に対し地元警察は「そんなことをしたら大勢の人々がジャカルタに押し寄せ、大混乱となる」と語り、ワリンギン氏の活動を阻止するつもりであることを発表した。

インドネシアでは何千万という人々が一日1ドル未満で生活をしている。

あくまで販促活動と語るワリンギン氏は、「どうせやるなら人々を幸せにできる方法でやろう、そう思いついたのです」と話している。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081212286572.html

マーケティングと言いつつ、ジャカルタをパニックに陥れたいだけなのかもしれませんな。ホントにこれで人々を幸せにできるんだかどーか。


とりあえず近隣にお住いの方は、いざジャカルタ!頑張ってくださいな。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。