見積りとって見直そう

 イスラム法を導入しているイランで、自動車事故に遭った女性のけがや死亡に対して支払われる保険金の額が、男性と同額に引き上げられる見通しとなった。同国の司法当局が27日明らかにした。

 人権活動家らは、イランでは女性が差別に直面していると主張。その一例として、イスラム法の下では女性の死を償うために支払われる金銭の額が男性の半分であることを指摘している。

 今回議会を通過した法案では、自動車事故による死亡やけがが対象。殺人などによる被害には適用されない。

 法案は今後、保守的なイスラム教聖職者が統括する護憲評議会の承認を得る必要がある。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081211969646.html

自動車保険の切替えを知らせる葉書が届いたのですが、開いてみると前年と同条件のはずなのに保険料が値上がりとなっています。事故なんて起こしてないから保険料が下がるはずでは?

よくみると前年までのSAPがSUPとかに変わっている様子。ネットで調べるとどうやら損保ジャパンの保険商品のようであります。ってか今までの保険でも掛け捨てでもったいないと感じてたのに、ガソリンや物価の値上がりに便乗しちゃってるんじゃと勘ぐってしまいますな。以前損保について勉強したことがあるのですが、生命保険と違って複数の保険に入っていたとして保険事故がおきても決して得しないように調整されちゃうんですな。

自動車保険については、テレビCMとかでも盛んに見積りを勧めています。さて、見積りでもとってみましょうかね。


っと、本題を忘れるところでした。
男性と女性とでは事故の際の保険金に差がある?
それは女性差別とか蔑視の問題ではないですよね。よーく考えてみましょう。保険金が少なくて得するのは・・・?
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98444665
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。