英語学習に効果あり? 「Taeglish」

 子どもへの英語教育に年間数十億ドル(約数千億円)を投じる韓国で、英語とテコンドーを組み合わせた新しい学習法が登場した。国内各地の教室数は1年余りで40カ所以上に上っている。

 「Taeglish」と名付けられたレッスンでは、英語を話すインストラクターから子どもたちがテコンドーを学ぶ。インストラクターらによると、テコンドーを習うことで英語に対する自信が深まるという。

 「Taeglish」は昨年3月にデパートが主催する子ども向けイベントとしてスタート。創設者によると、子どもたちは英語の勉強を楽しむと同時にやる気を持って取り組めるという。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081211856642.html

元記事の文章がほぼ「・・・という」で終わっているのが気になりますな。ホントに成果は上がっているのでありましょうか?ってか変わったことすりゃ人気が出るからという穿った見方をしてしまうのはあたくしだけでしょうか。


「Taeglish」でググってみると日本語サイトのニュースソースはみな同じ。なんとなく一生懸命仕掛けてるヒトがいるんじゃないでしょうかねぇ。本物ならば、いずれ日本に上陸するかもしれませんな。Taeglish、ちょっと注目してみましょ。
タグ:Taeglish
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98187033
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。