アラブの混乱

 ドバイの警察は、社会的価値を保護するためのキャンペーンだと称して異性の服装をした男女数人を逮捕した。新聞各紙が26日に伝えた。

 アラブ首長国連邦(UAE)構成国であるドバイは、異性の服を着用することを好ましく思わないイスラム教国だが、最近はさまざまな背景や生活様式も持つ移民が多くなっている。

 ドバイ警察当局のDhahi Khalfan氏は、ハリージ・タイムズ紙で「われわれは、UAEの市場や街頭で女装や男装する人が増加傾向にあることに注意を払ってきた」とコメント。その上で「すでにショッピングセンターや住宅施設で女装して化粧をした数人の男を逮捕した」と発表した。

 ただ、これらの逮捕者にどのような罪が適用されるのかは明らかになっていない。

 Khalfan氏は社会問題省に対し、異性の服装をする人が増えつつある背景について調査を要請。同氏は共学の学校制度に要因がある可能性を指摘している。




ブラジルで行われる例のパレードの参加希望者でありましょうか。それともただのゲィゲィゲゲゲの・・・ってもういいですか?


異文化の流入で、いままでの常識が覆ることがあります。
それを飲み込むのも成長するということ。一時は大変でしょうけどね。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98185257
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。