ぷっくり唇やぷわぷわほっぺ

 唇や頬(ほお)などの見た目を良くするのに使われる注入ジェルなどが、腫れやこぶなどの問題を引き起こす可能性があると、スペイン・バルセロナ自治大付属Vall d'Hebron大学病院の研究チームが19日に報告した。

 同チームによると、これまで目立った拒絶反応や副作用がないと報告され、主に欧州で使用されてきたpolyalkylimideと呼ばれる成分でできた注入ジェルだが、最近の実例で安全性に疑問が出てきたという。

 同報告は、皮膚科学の専門誌「Archives of Dermatology」に掲載された。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081211267486.html

インプラントは、骨(つまり歯茎の部分)の中に金属などを埋め込むことと理解していたのですが、ちょっと趣が違うようでありますな。

ってか、↑このインプラントもある程度リスクがあるようでひいてしまうのに顔面へのインプラントっていったい・・・?
ジェルを注入してぷっくり唇ややわらかそうなホッペを作るということなのでしょうかねぇ。まぁ、異物を体内に取り入れるワケですからリスクはつきものでしょうな。


ちなみにぽっこりお腹は・・・ダイエットするしか?


タグ:polyalkylimide

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。