欠場の審判に出たのは何色のカード?

ブルガリア・サッカー協会(BFU)は、17日に行われたレフスキ・ソフィア─スラビア戦で、同試合の審判が不動産をめぐる争議で執行人により自宅に閉じ込められたことから、急きょ代理の審判を手配した。

 この審判はラジオ局の取材に対し、「試合に臨む用意はできている。しかし自分の部屋は4階にあり、出かけるためには非常用のはしごが必要だろう」と述べた


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081211111161.html

不動産をめぐる争議(笑)。具体的には何が起こったのでありましょう?
もちょっと詳しく知りたいですな。


サッカーってず〜っと走ってるからすごい疲れるスポーツだったりします。ちなみに主審とセンシン(線審かな?)も、ほぼ走り通し。あまり目立たない存在だったりしますが、良かったら目で追ってあげてくださいな。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。