なんだピ●コじゃないかぁ

 腹痛を訴えてギリシア中部の病院に入院した少女の腹部から胎児が発見された。

ラリッサ総合病院によると、少女の右腹部が腫瘍でふくれていたため、外科手術で腫瘍を除去した。その腫瘍の内部を調べてみたところ、体長5センチほどの胎児が入っていたという。

少女は全快する見込み。

同病院の小児科部長によると、少女の双子の兄弟である胎児には頭、頭髪、目があったが、脳と臍帯はない状態だった。

同部長によると、双子の胎児の片方が、子宮内でもう片方を吸収するのは50万分の1の確率で発生するという。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081210908766.html

まさに人体の不思議であります。
イタいからとってみたら姉妹だった・・・この少女も複雑な気分でありましょうな。


えっ、あたくしのお腹まわりですか?
これは正真正銘脂肪ですが、なにか。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。