服を脱いだ泥ボウ

 マレーシアの泥棒が、盗みに入った家のベッドに忍び込み、住人(36)の隣で裸で寝ているという珍事件が起きた。13日付の現地紙スターが報じた。

 同紙が警察の話として伝えた記事によると、この泥棒は女性の夫がソファで熟睡しているのを確認し、着衣をすべて脱いでベッドに潜り込んだ。目を覚ました女性が男に話しかけ、声が夫と違ったことで気が付いたという。

 女性は別の部屋のソファで寝ている夫を見つけて悲鳴をあげ、それを聞いた泥棒は、盗んだ品々を持って窓から逃げ出した。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081210655931.html

名称にボウがつくなんて、他にはフラウ・ボウくらいしか思い付きませんが、気がついたらとなりに泥ボウがボウを出していたというお話。しかし恐いですな。なんで全裸だったのでしょう?


逃げる際に忘れモノがなかった点はプロ意識を感じました。

この記事へのトラックバック

いったい何を考えているんだか(笑)
Excerpt: マレーシアの泥棒、盗みに入った家のベッドに全裸で潜り込む マレーシアの泥棒が、盗みに入った家のベッドに忍び込み、住人(36)の隣で裸で寝ているという珍事件が起きた。13日付の現地紙スターが報じた。 ..
Weblog: Famiglia Nera[ 妖婦の日常劇 ]
Tracked: 2008-05-13 22:23
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。