セナの遺伝子

 自動車レースGP2のブラジル人レーサー、ブルーノ・セナ(24)が11日、当地で開かれたトルコ・グランプリでコースに迷い込んだ犬をはね、レースを棄権した。

 ブルーノ・セナは、F1の名レーサーだった故アイルトン・セナの甥(おい)に当たる。

 レース中に2匹の犬がコースに迷い込み、セナの運転する車がそのうちの1匹をはねた。これにより、マシンの右フロント・サスペンションが破損したという。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081210567211.html

元記事に貼ってあるブルーノ・セナの写真、目元といい全体の雰囲気といい面影がありますな。そっかぁ、セナ一族にレーサーがいたのか。


次はびっくりニュースじゃなくて、レーサーとして報道されることを待ち望んでおりますよ。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96480867
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。