安くてうまい店についての考察

 食品価格が高騰する中、シンガポール政府は2シンガポールドル(約154円)で食事ができる屋台を紹介する広告を開始した。28日付の地元紙ストレーツ・タイムズが報じた。

 記事によると、政府の通商担当相が国民に「安くておいしい食事が食べられる場所」を伝えるウェブサイト(http://ekampong.com.sg/)を開設した。

 アジア各国は食品やエネルギー価格の上昇に直面しているが、シンガポールでは、先週発表された3月の消費者物価指数(CPI)上昇率が前年比6.7%と26年ぶりの高水準を記録した。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081209355244.html

お世話になっているSeesaaブログの集計によりますと、この記事でひとつの区切り、1001件目となります(パチパチ)。区切りを迎えても変に力を入れたりせず、脱力系でお送りいたしますのでよろしくね。


愛用してる検索サイトで”安くてうまい”なんてキーワードでサーチしてみると425,000 件のヒットがありました。価格が高騰したからって、イヤ物価が高騰したからこそ、個人レベルで公開している口コミ情報の方がずっと参考になるような気がしますが・・・その辺のところシンガポールの人々はどー考えているのでありましょうな。


ちなみに今時点では、Gから始まる飛ぶ鳥を落とす勢いのあの会社はAllAboutのプロのライターの記事が、Yから始まる買収をかけられてる例の会社では楽天に出展している会社がいちばん上にいました。バイラルマーケティングはSEOにはかなわないようでありますな。
タグ:SEO

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。