コンゴどうなるのかなぁ・・・と呟いてみる

 コンゴ民主共和国(旧ザイール)の警察当局は、黒魔術を使って男性から性器を取るなどと語った疑いで魔術師13人を逮捕した。

 男性が性器を取るという話は、伝統的な宗教や魔術の信仰が残るアフリカ西部では珍しいものでなく、血液や体の一部を取るための儀式的な殺人が依然行われている地域もある。

 男性が性器を取られるとのうわさは先週首都キンシャサで出始め、リスナー参加型のラジオ番組などを通じて急速に広まった。番組では、通勤の乗り合いタクシーでは金の指輪をした同乗者に気を付けるよう呼び掛けていた。

 警察は、自称被害者14人についても逮捕。これらの自称被害者は、魔術師は触れるだけで男性の性器を消したり小さくしてしまうと主張していた。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081208934479.html

魔術師関連(どんな分類だ)だけに、元記事もかなり胡散臭いモノになっております。魔術師の逮捕理由は「性器を取るなどと語った疑い」。そしてその他は事象被害者・・・プンプン臭ってきますな。


自称被害者はきっと「黒魔術でチソコが小さくなっちゃった」とか言ってるんでしょうが確かめようがありませんわな。どんな罪になるのかとか、コンゴどうなるのかとか落としどころが見えない、まさにイリュージョンです。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94448332
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。