トラフィック

 フィリピン人が昨年送った携帯電話メッセージの1日当たりの平均数が10億通に倍増したことが分かった。4日に発表された業界データで明らかになった。

 国家通信委員会(NTC)によると、2005年は1日当たりのメッセージ数が250万通だったのに対し、2006年は500万通だった。

 フィリピンでは、中央銀行総裁が金融政策についての声明を携帯メッセージで配信することに加え、携帯電話で各種料金の支払いや銀行での用事を済ませる人が増加するなど同サービスが普及。

 推定800万人以上とされる海外在住のフィリピン人にとっても、携帯メッセージはフィリピンの家族との主要な連絡ツールとなっている。

 フィリピンの携帯電話普及率は60%前後。インドネシアは3フィリピン5%、タイは75%、マレーシアは84%となっている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081204689177.html

このところ、ウケを狙ったタイトルが思い浮かばなくなりました。
タイトルだけで勝負しよーとは到底考えていませんが、会心の出来だと、やっぱりトラフィック量が違います。


トラフィックといえば東南アジア。
なんとなく島国だからインドネシアは容認できるとしても、フィリピンやマレーシアはどーなのでしょう?っていうか、迷惑メール多すぎない?


メーワクメールを取り締まるとかいう記事が、ちょっと前に新聞に掲載されてましたが・・・うざくてしょうがないから早く取り締まれよ!
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88409565
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。