地震・雷・家事・オヤジ

 フィンランドのステファン・バリン文化相は26日、男性はもっと家事を行うべきだとの考えを示した。国連女性の地位委員会(CSW)年次会合への出席に際し、ロイターのインタビューで述べた。

 家庭を持つ男性について、バリン文化相は「家での仕事にもっと責任を持つべき。父親が家事にもっと責任を持てば、離婚も少なくなる」と指摘。「(家事の分担と離婚には)直接的な相関関係がある。もちろん、お互いを尊敬することや、お互いにゆとりが持てるようにすることもある」と述べた。

 同相は現在、「6プラス6プラス6」と呼ぶ出産・育児休暇制度の計画を推進中。同計画では、夫婦はそれぞれ6カ月ずつの出産・育児休暇を取り、さらに6カ月の休暇を2人で分割して取れるようになるという。

http://www.excite.co.jp/News/odd/00081204089040.html


あたくしもたまに家事をしております。
嫁が逃げないようにとかいった理由じゃなくて、自分で料理するってのもやってみると面白かったりするんですな。洗濯物もアイロンがけも独身時代からやっていたので、あまり苦にならないように思います。


料理喰って「まずい」って言うのは簡単だけど、そんなら作ってみろって言われておいしい料理つくれちゃったりするとカッコよくないですか?


堅苦しいことは抜きにして家事もできるオヤジになりましょうょ!
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87392585
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。