スイミングプール VS 海 〜水際の争い

 チリ南部の海岸リゾート「San Alfonso del Mar」に、ギネスブックに「世界最大のスイミングプール」として認定された巨大なプールがある。

 このラグーンプールは、全長が1013メートル、広さは8ヘクタール。プール内の水の容積は25万立方メートルという。

 水上には、小型のボートも行き来している。


http://www.excite.co.jp/News/tb/News/odd/00081201137954.html

宿泊施設と波打ち際の間に巨大なスイミングプール。
泳ぎたければ海がすぐそこなのにと考えてしまうのは、あたくしが小市民だからでしょうか。


プールで見るビキニも波打ち際で見るビキニも変わらないので、個人的には特に気にしませんが、なんとなく小型ボートは勘弁して欲しいですな。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。