善意の電話

 ドイツ人の男が、泥棒に入った家屋内で死体を発見し、余儀なく警察に通報するという珍事があった。ベルリン警察当局のスポークスマンは17日、「男は、アパートに押し入ったところ、死体を見つけたと通報してきた。(アパートの)住所を伝えた後に電話を切った」と語った。

 当局者が、アパートで64歳の男性居住者が寝室で死亡しているのを確認。2週間ほど前に死亡したとみられるが、不審死としては取り扱われていないという。

 男の消息はその後も不明。地元メディアは何も盗まずに現場を去ったと報じているが、警察の確認は取れていない。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081200617621.html

電話連絡自体は善意の行動なのですから、「実は泥棒でして・・・」なんて名乗る必要ないと思うのですが・・・。


きっと職業に誇りを持っているか、とんでもなくおちゃめさんなんでしょうね。



この記事へのトラックバック

泥棒に入った家で死体発見、余儀なく警察に通報
Excerpt: 善意の電話 電話連絡自体は善意の行動なのですから、 「実は泥棒でして・・・」なんて名乗る必要ないと思うのですが・・・。 不思議だ、何故わざわざ泥棒だと名乗ったのか?
Weblog: ネット定点観測国際評議会
Tracked: 2008-01-19 21:34
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。