選挙を控えて世論調査

 総選挙を控えたオーストラリアで行われた世論調査で、有権者はジョン・ハワード首相(68)ではなく、野党労働党ケビン・ラッド党首(50)の裸を見たがっていることが明らかになった。同国の通信社AAPが報じた。

 ZOO誌に掲載された同調査は有権者1200人を対象に実施。ラッド党首の裸を見たいと答えたのは34%となり、ハワード首相の16%に大差を付ける圧勝となった。

 ZOO誌の編集者ポール・メリル氏は「裸が格好良くない首相なんて誰も求めていない」とコメントしている。

 オーストラリアの総選挙は11月24日に行われる。これまでの各種世論調査では、野党労働党の支持率が一貫して与党保守連合を上回っているが、両者の差はここにきてやや縮小する傾向もみられる。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081194844952.html

服の色を聞くふりして下着の色を聞いて逮捕されちゃったニュースがありましたが・・・このニュースもあまりレベルは変わらないような気がしますな。


結果からいうと68歳よりも50歳の方が見てみたかったという事なんでしょうか。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。