当た〜りぃ!

 カキの殻を素早くきれいに開ける競技会が29日に当地で開かれ、1個当たり5秒で開けたスウェーデン人の男性が世界チャンピオンとなった。

 競技会にはこのほか、タイや米国、エストニアなど16カ国からの選手が参加した。

 優勝者のレストラン経営者、ハッセ・ヨハネッソンさんは今回が4度目の挑戦。カキ30個を2分41秒で開け、首位に立った。カキの食用部分に傷を付けるなどの行為にはペナルティーが科される。

 カナダのエイモン・クラークさんが13秒差で2位に入賞した。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081191143852.html

やっと入社した新人がある日、「牡蛎に当たっちゃってしばらく休みたい」と連絡があっただけで、その後出社してこなくなりました。
大柄な女性だったその新人の上司は、


「きっとあいつ殻ごと喰っちゃったんだよ」


なんて笑ってましたが、案外ホントかも。
よいこの皆さん!牡蛎は食べる前に殻からはずしましょうね。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。