縦笛なめるくらいで我慢しとけ

ははぁ、思いついちゃったんならしょうがないか・・・では済まされません。


カンボジアで、女性(21)の愛情を勝ち取るために、自分の血を注射器で注入した男(22)が暴行の容疑で逮捕された。

事件が起きたバタンバン県の警察によると、犯人と被害者は2004年に学校で同じクラスにいた。犯人は女性を好きになり口説いたが、女性はこれを拒絶したため、自分の血を相手に注射することを思いついたという。男は学校から帰宅途中の女性の胸と腰に注射器を突き刺した。

警察は「犯人は、被害者と結婚できなくても、少なくとも自分の血が女性の体の中に存在するだろう、そう考えて犯行に及んだのです」と語った。

女性は事件を警察に通報、その後病院に搬送された。そこで注入された血液がウイルスに感染していないかなどの検査を受けた。

男は警察に留置され、数日中に正式に起訴される。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081189669695.html

すごい執念というか捨て身の愛情というか・・・怖いものを感じますな。きっと彼女にしてみれば、男性の異常性をあらかじめ察知したんでしょう、災難でしたねぇ。


次はすてきな恋を見つけて欲しいものであります。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。