タダ、助けてください

これもお国柄・・・と片付けてしまうには可哀想すぎます(-_-; )


 3週間前に銃で撃たれた南アフリカ人男性が、現在もまだ治療を受けることができずに困り果てている。

警備員のフィリップ・マシアネ氏(38)は3週間前、南アフリカの国連大使の所有地に侵入した窃盗犯に銃で撃たれてしまった。治療を受けに病院を訪れたものの、これまで3つの病院に断られたという。

スター紙によると、弾丸は彼の肘を貫通、腰のあたりに直撃し、体の反対側まで突き抜ける直前で止まった。幸いなことに臓器の損傷は免れた。

フィリップさんは同紙に対し、「治療に必要なお金を持っていないという理由で私立病院に門前払いされた。公立病院はレントゲン撮影をしてくれたが、応急処置だけしかしてくれなかった。鎮痛剤を渡されて家へ帰るように言われた」と話している。

さらに3つめの病院では、「他の病院で治療を受けているから」との理由で診察を断られてしまった。

「普通の生活に戻りたいのです。働く必要があるのです。私はただ、助けてくださいとお願いをしているだけです」

世界でもトップクラスの犯罪発生率となっている南アフリカでは、全ての人を治療しようとする公立病院で資金不足となっているのが現状で、同国もこれら問題を解決しようと努力している。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081187408709.html

保険という制度が確立している日本ではちょっと考えられませんな。
所属している警備会社でも、なんともならないのでしょうかねぇ?


この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。