ヒーロー降臨! 「検事マーチン・カブレラ」

「検事マーチン・カブレラ」

タイトルもそのままで日本だったらテレビドラマになってしまいそーでありますな。


 15年間にわたって医師として働き、国立病院の院長を務めさえしたパラグアイ保健省の高官が、学歴詐称で逮捕された。

パラグアイ人のエドガー・マイダナは、医師免許をペルーのサン・マルティン・デ・ポレス・デ・リマ大学で取得したと偽っていた。
パラグアイでは政府に任命された検事マーチン・カブレラが、何カ月にもわたって学歴詐称の徹底的な捜査を行っており、マイダナは最新の逮捕者だ。

カブレラ検事は、マイダナがペルーの大学に入学していなかったという証拠を入手しており、政府はマイダナが医学を学んだことがあるのかどうか捜査中だと、記者に語った。

2つの州の医療責任者であり病院の院長を務めるマイダナは、 取材に応じなかった。

カブレラは他にも資格捏造によって特別手当を支給されていた役人を糾弾している。パラグアイでは、特定レベルの学位を保持している政府の専門職には、特別手当が支払われる。

6月には、持っていない学位によって特別手当を支払われていた主税局の高官アンドレアス・ニューフェルドが、カブレラが示した証拠によって辞職している。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081185314850.html

パラグアイはブラジル、アルゼンチンという大国にはさまれた小さな国、当たり前ですがどこにも頑張っている人はいるものですな。

なのに、ちょっと冷たいモノ食べ過ぎてぱらぐあいが悪いとかいう駄洒落でしめようとしているあたくし・・・。次の記事は気合を入れさせていただきます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。