猿人 VS 恐竜

歴史上の大発見のはずなのに、世界びっくりニュースのニュースリストに並んていると、なんとなく真実味が感じられないのはあたくしだけでしょうか。


 エチオピアのアファール砂漠で350〜380万年前のものとみられる猿人の化石が発見され、人類の進化に関する決定的な空白部分を埋める可能性があるとして注目されている。

発掘チームのエチオピア人古人類学者、ヨハネス・ハイレ・セラッシー氏によると、発掘物の中には、完全なあごと頭蓋骨の一部が含まれている。現場は、アジスアベバの北東230キロの地点で、1974年に猿人化石『ルーシー』が発見された場所に近いワランソミル。

同氏はアジスアベバで行われた記者会見で、「人類の進化における空白を埋める大きな発見です。この化石の猿人は、これまで人類の進化史でほとんど知られていない時期のサンプルなのです」と語った。

昨年、国際研究チームがこの地域で410万年前の化石を発掘した。

もっとも有名なルーシーは、330〜360万年前のもの。しかし同氏は、アファール砂漠からは600万年前までの化石が発掘されているという。

「エチオピアは古人類学の最前線です。人類発祥の地として世界的に知られています」


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081184297654.html

試しに「化石 発見」などのキーワードでググってみると、出てきたのは国内で新種の恐竜化石のニュースばかり。人類の祖ではなく爬虫類関連のニュースに終止しております。タイミング悪かったのかな?

まぁ、いずれにしても太古へのロマンに満ちた記事。
どっちも負けないよーにがんばってほしいものでありますな。


この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。