それって、食品扱わせちゃダメだろ!

 チリのスーパーマーケット・チェーン『サンタ・イザベル』のレジ係たちは、雇用者があまりにけちで、トイレに行く休息時間も与えないため、クビにならずにシフトをこなすため、オムツをはくはめになっていると訴えた。

チリの流通最大手『Cencosud』の子会社であるサンタ・イザベラの労働組合は、レジ係が8時間、もしくはそれ以上のシフト時間中、持ち場から離れることを許されていないという。

労働組合は「レジ係たちにはトイレに行く許可が与えられておらず、そんなにも長い時間トイレを我慢することは不可能です。だからオムツなどを使い始めたのです」と説明した。

「これは、サンタ・イザベルのノルマや手順とは関連のない例外的なケースかもしれません。しかしこうしたケースでは、すぐに適切な改善手段を講じるべきです」

レジ係たちの訴えはチリ最大の労働者組織中央労働者組合(CUT)に取り上げられ、CUTは政府に何らかの手段を講じるよう要求している。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081178248622.html

仕事中はトイレも禁止?厳しすぎますな。
幼少の頃、海水浴で海パンはいたまま海の中で・・・という経験がありますが、理性が働いちゃうからでしょうか?あれって履いてると出ないもんなんですよね、思わず深い所まで行って用足しをしたことを思い出しました。

そんな経験を踏まえて考えると、せっぱつまって始めたことなのでしょうが、オムツ装着のままレジに向かう彼女らはある意味貴重な体験をしていたりして・・・。(新しいプレイですか?)

せめて労働条件の規制を緩めるか、オムツは社員に支給してあげてほしいところです。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45092586

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。