拘留後19年間も・・・放置プレイ?

一度も裁判が行われないまま19年間も刑務所で暮らしていた一人のパラグアイ人男性が水曜日、ようやく釈放された。

釈放されたのは、首都アスンシオンにあるタカンブ刑務所の精神科病棟にいたホセ・ガルシア(39)。投獄されてから20年近く経過したこの日、初めての裁判が行われ、すぐに釈放されることとなった。

元々ガルシアは暴行の疑いで身柄拘束されていたが、これまで一度も裁判が行われていなかった。

同刑務所の責任者は地元メディアに対し、「ガルシアは親に見放されていたため、看守も彼の親族に連絡することができなかった」とコメント。

国際人権擁護団体は今回の件について、「裁判も行われないまま精神病棟などに拘束され、不当な扱いを受けている人がたくさんいる」と発表し、パラグアイの姿勢を批判した。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081173575223.html

拘束されていたホセ・ガルシア氏は39歳。いちばん青春できるいい時期に精神病棟とはなんともかわいそうなことです。

でもさ、うっかりが19年間になるか?ふつう


いわゆる拘置所ってないのでしょうか?拘留されたはずなのに、いたのはなぜか刑務所の精神科病棟。いったいどうなっているんでしょうな。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。