強盗 VS 観光客

 強盗に銃を突きつけられた元海兵隊員を含む米国人観光客のグループが、強盗の首の骨を折って殺してしまう事件が発生した。地元警察が木曜日に発表した。

殺された強盗はワグナー・セグラ(20)。銃を突きつけるセグラに対し、人々は飛びかかり、首の骨を折ったという。事件が発生したのは水曜日で、現場はカリブ海に面したリモン港付近。

セグラは即死、犯行グループは3名だったが他の2人は逃走したという。

地元警察のルイス・ヘルナンデス氏は「観光グループの中に、元米海兵隊員が一人いたのです。彼もおそらくセグラの首を折った人物の一人でしょう」とコメント。首の骨が完全に折れていたことを明らかにしている。(後略)


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081172282141.html

強盗相手に勇敢なアメリカ人が飛びかかるという図を想像していたのですが、なんだか記事を読んでみるとよってたかって殺しちゃったみたいにとれたりもします。でも

自業自得じゃん


伊達に身体を鍛えているわけではないようですな > アメリカ人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45092516

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。