いなくなるのは男だけかい!

地球温暖化が進んで氷が解けてまずはシロクマ、そしていずれは人間も・・・なんて人類絶滅のシナリオを頭の中でぼんやり考えていましたが、いなくなるのはオスだけなのかい!と、あたくしなんだかやるせない気分になってしまいました。


500万年とは壮大な話でありますが、なんやかんや言っても女性は強かったりしますからな。
しぶとく生きていそうな気がします・・・それはそれでちょっとコワい気もしますが。


男は絶滅する運命?消えゆくY染色体は何を意味するのか

オーストラリア国立大学のジェニファー・グレイヴス教授は「Y染色体は消えつつあり、500万年以内に消滅してしまう可能性がある」とアイルランド王立外科医学院で行われた公開講義で医学生たちに語りました。しかしこれは決して人類の滅亡を意味するわけではなく、将来的には「新人類」が誕生する可能性すらあるとのこと。Y染色体上の重要な遺伝子を持っていないにもかかわらず生殖できる齧歯類(げっしるい)と同じ道をたどるのではないか、と示唆されています。

「オスであるためにはY染色体を持たなければいけません。3億年前にはY染色体上には約1400個の遺伝子があったのですが、現在ではたったの45個(注:Wikipediaなどでは78個とされているが、Y染色体の遺伝子数は資料によって異なることが多く、グレイヴス教授は45個としている)。この勢いだと500万年ほどでY染色体上の遺伝子は無くなってしまうでしょう」とグレイヴス教授。「Y染色体は消えつつあります。問題は、消えたあとに何が起きるのかということです」

男性の性別はY染色上のSRY(Sex-determining Region Y)という遺伝子によって決定され、この遺伝子の働きにより睾丸(こうがん)が発達し男性ホルモンが分泌されます。

『Y染色体の衰亡と男性の未来』と題された今回の講義では、Y染色体の消滅とそれが人類にとって何を意味するかが論じられました。

「ヒトはトカゲのように無性生殖するようになる、というわけにはいきません。ヒトに不可欠ないくつかの遺伝子はオスから受け継がれるのです」とグレイヴス教授。「しかし、希望もあります。東ヨーロッパのハタネズミ亜科モグラレミング属や日本のクマネズミ属などのいくつかの種はSRYもY染色体も持たないのです。しかしこれらのネズミの健康なオスはそこらじゅうを走り回っています。何らかのほかの遺伝子がSRYのかわりに働いているのでしょう。その遺伝子を特定することがわたしたちの今の課題です」
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120193494
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。