「お前はもう・・・?」by ケンシロウ

医師の誤診なんぢゃ?と思えるような出来事ですな。
生き返るというのはちょっと恐いんできっと誤診だったんだろうと信じたいあたくしは、結構恐がりかも。

一度生死の境をさまよった赤ちゃんですから、頑張って生きてほしいです。


死んでいると判断された赤ん坊が1時間後に冷却室の中で生き返る

赤ん坊の母親であるFaiza Magdoubさん(26歳)は、妊娠23週目の時に医者から出産を断念するよう言わており、また既に赤ん坊は死亡していると言われていたようです。その後、母親の胎内から赤ん坊が取り出され、冷却装置へ入れられたと考えられます。赤ん坊はわずか600グラムしかない未熟児で、少なくとも5時間程度は冷却装置にいたとの事。

母親のFaiza Magdoubさんが冷却装置の中で動いている赤ん坊に気付き、冷凍装置から出したそうです。その後、赤ん坊はFaiza Magdoubの母親(赤ん坊からすると祖母)の手を握り、口を開けたところを見て、ちゃんと生きていることが確認できたとのこと。病院代理監督のモシェ・ダニエル氏は、奇跡的な生還で医学的に説明することができないと言っています。また内科教授のMotti Ravid氏は冷却装置にいた事によって、新陳代謝の低下が遅れため、生存できたのかもしれないと言われているようです。

現在赤ん坊は病院の新生児集中治療部にいるとのこと。医者はこの赤ん坊がどれだけ生きていられるのか分からないと言っており、まだまだ予断を許さない状況のようです。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。