海運業界もエコ

原油高騰でしかたなく・・・といった意味合いが強いようですが、帆船が復活したようであります。
ガソリン高騰から遠出するのを控えたり、燃油サーチャージが海外旅行の出足を鈍らせたりと各方面に大きな影響を及ぼしているのはご承知のとおりでありますが、なんだか帆船復活はあたくし的にはワクワクする出来事。とりたててどこかに行く訳ではないんですけどね。

古き良き時代に活躍したモノが復活するのは、なんだか胸踊りますな。


燃料高騰で帆船による海運が復活

現代の帆船による商用輸送としては初めてフランスワイン3万本が運ばれていて、6日後にダブリンに到着するそうです。これを行っているのは海運のCompagnie de Transport Maritime a la Voile社(CTMV)で、CTMVは108隻の古い船を所有しており、その速度は8ノットと現代の貨物船の半分ですが汚染を引き起こすことはありません。世界中を運行している5万隻の商船は毎年8億トンの二酸化炭素を排出しているそうです。

CTMVはフランス南部の80のブドウ農家からアイルランドへのワイン輸送を請け負っており、アイルランドからフランスへ向けてはアイリッシュウィスキーやスコッチを輸送しています。また、1900年に創業したKathleen & May社でも、長らく帆船を使って石炭や泥の輸送を行っているそうです。

フランス船主協会によると、風を動力とする船による輸送は市場全体の5%。世界の貿易商材の90%は海運によって輸送されていることを考慮すると貿易に占める割合はかなりのもの。大型帆船は石油燃料の船に比べると速度は落ちますが、環境への影響は少ないことから、近海航路の未来を担う存在なのかも知れません。

これからはエコだからというより、燃料価格高騰によってやむなく帆船を使うしかないというようなケースが出てくるかも知れません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103854331
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。