ひかげぼし

16日、ニューデリーにあるガンディー国際空港の滑走路にジャッカル、オオトカゲ、猛禽類などが押し寄せ、1時間ほど旅客機の離発着が不可能になった。

このハプニングが起きたのは、ニューデリーを雨季の最初の豪雨が直撃した後のこと。動物たちは身体を乾かし、暖めるために滑走路にやってきたらしい。

動物管理当局が体長60〜90センチのオオトカゲなどの動物たちを排除した。地元紙『The Hindustan Times 』によると、約100便がこの珍事の影響を受けた。

インドの雨季は6月から9月までで、豪雨のためインド全土で定期的に空の便が乱れる。


オージーではワニやらサメやら出没すると大騒ぎになりますが、インドではそーでもないんですな。普通の状況だからでありましょうか。


経済が発展してもこんな環境では先進国にはなれそうもないのかもね。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。