白熱!村長選挙

 ルーマニアの村で15日に行われた村長選挙で、すでに死亡している前村長が当選した。選挙管理当局は次点者を繰り上げ当選させる方針だが、村人や前村長が所属していた社会民主党(PSD)は再選挙を求めている。

 この前村長はおよそ20年間にわたって同職を務めていたものの、投票開始直後に肝疾患で死亡。23票差で当選した。

 前村長の支持者である村人は現地テレビ局の取材に対し「(前村長が)亡くなったことは知っている。だが、わたしは変化を望まない」と述べた。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081213673763.html

志半ばで無念のまま逝った村長。悲報を知らずに投票した人が大勢いたのかなと思ったのですが・・・

だが、わたしは変化を望まな


って、確信犯かぃ!
それほど慕われた村長さんだったってことでしょうか。それともやっぱり村らしく排他的なんでしょうか。詳細はわかりませんが、繰り上げなんてせずに再選挙に一票。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100845709
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。