アメリカから自警団が学んだもの

 イラクの首都バグダッドから北方100キロに位置するサマラで15日、米軍が支援する自警団のメンバーらが1カ月の訓練を終え、「ブレイクダンサー」さながらの訓練の成果を披露する姿が撮影された。

 サマラで自警団に加入した150人以上の住民は、検問所を設置したり、パトロールなどの任務に就くことになっている。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081213686348.html

ブレイクダンスの専門用語では片手以外は全て浮いている状態のことをエアチェアとゆーらしいですな・・・間違ってたらごめんね。
元記事にある写真では、このエアチェアが披露されてる模様でありますが、この1カ月、何の訓練を受けたのでありましょう?

アメリカ文化の最大の特徴、「大量生産・大量消費」だったりして。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100843642
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。