ワキフェチに鞭打ち・・・新たなる芽生え

 女性のわきの下のにおいをかぐ性癖を持つシンガポール人の男(36)が、禁固14年とむち打ち18回の判決を受けた。13日付のストレーツ・タイムズ紙が報じた。

 男は1年3カ月の間に、エレベーターや家などで触ったりわきのにおいをかぐといった痴漢行為を23人の女性に対し行っていたが、ある主婦の通報を受けて逮捕された。精神的に不安定で、禁止薬物違反や性犯罪で前科があるという。

 再犯の恐れがあるため、通常は重罪人に科せられる禁固14年という量刑となった。でん部へのむち打ちは、公共物破損から禁止薬物所持、婦女暴行まで、男性犯罪者に科せられる付加刑。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081213361467.html

強烈すぎますな。何がってわきがじゃなくて、鞭打ちという新たな快楽を植え付けてる点であります。まるでパブロフの犬のようににおいを嗅ぐとぶたれるという習慣をつけようとしているように感じますね。


禁固14年も苦痛じゃなくて快楽だったらまったく罰にならないし。こんな場合はどうすればいいんでしょう。



この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。