インドと宗教

 インド北東部アッサム州の村で、魔術を使ったとして家族のメンバー4人が村人に石などで襲われた後、生き埋めにされたことが分かった。地元警察が11日発表した。

 この村では、住民の1人が病気で死亡したことを受け、被害者の男性(65)がこの住民にのろいをかけたとの疑いが浮上。10日夕に村長宅で行われた会合に呼び出され、村人数百人から魔術を使ったとして非難された。

 その後この男性と妻、息子と義理の娘の4人対して村人が石やれんがで襲い掛かり、近くのジャングルに生きたまま埋めたという。

 同州では過去数年間に、魔術を行ったとして近隣住民に殺害された人の数が500人以上に達している。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081213230813.html

ITが盛んで経済発展してるかと思いきや、まだまだこんな一面も残っているんですな。いろんな意味で感心してしまいました。


って感心してる場合ではありませんでした。
土着の民族宗教、やっぱりなんだか恐いモノを感じます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100264804
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。