カフェで待つ銀行員にいったい何が

 セルビアの銀行員の男が、謝罪のメモを残して勤め先から150万ユーロ(約2億5000万円)近くを横領し、公園内に埋めた後、カフェで警察に逮捕されるのを待つという事件が発生した。

 国営タンユグ通信によると、男は7日、クラグエバツにある銀行支店から現金をブリーフケースに詰め込んで立ち去った。上司あてに残したメモには「ごめんなさい。でもこうするしかなかった」とあった。

 警察は近くの公園で6つの穴に隠された現金を発見。「どれだけ待たせるんだ」と警察に電話をかけてきた男を、カフェで逮捕した。犯行の動機は現時点で明らかになっていない。


http://www.excite.co.jp/News/odd/00081213068185.html

愛読書がミステリーなあたくし、この事件には裏がありそうでなりません・・・ってなにもミステリー好きでなくてもそう感じますな。


続報を期待したいのですが、この手の記事ではあった例がありません。最近だと、せいぜいTバックを被った彼らくらいでありましょうか。種明かしのないミステリーほど脱力してしまうモノはありませんので、続報を是非。
タグ:ミステリー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100085011
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。